投稿日:

会社設立の設立日、どうやってきめる?

・会社設立日は法務局に申請した日
会社設立の設立日は、基本的に事由に決めてもらっても構いません。
縁起を担ぐために、大安の日に設立日を設けている経営者の方もいらっしゃいます。
”末広がり”の意味を持つ、「八」のつく日を会社設立に設けている経営者もいらっしゃいます。
ただ会社設立日になる日は、法務局に会社設立登記をした日であるのは肝に銘じておきたい所です。
だから「この日を会社設立日としたい」というのならば、法務局へ登記申請をするタイミングには注意が必要です。
少しでもタイミングを見誤ってしまうと、狙った日とは別の日が「会社設立日」となってしまうからです。
続きを読む 会社設立の設立日、どうやってきめる?

投稿日:

医療法人のための会社設立手続き

医療法人

・医療法人の会社設立手続き
医療法人として会社設立手続きをしたいという方も多いかもしれません。
そもそも「一般人が医療法人を設立することはできるの?」と疑問に思うかもしれません。
結論を先に言ってしまうと、一般人が医療法人を設立することは可能です。
しかし、その際に必要となってくる申請は、普通に会社や企業を始める時に比べて、さらに煩雑で複雑な手続きが必要となってきます。
そのため、何も知識がない人が医療法人を始めようと思っても、申請がなかなか通らないということもありますし、手続きが却下されるということもあります。
どうしても医療法人を始めたいという方は、手続きや申請についても勉強しなくてはなりません。
特に医療法人の場合は、医療に関するさまざまな要点をまとめて、項目も定めておくことが必要となります。
普通の会社や企業であれば定款を認証してもらって、登記を進めていけば開業することは可能ですし、起業で躓くということもないでしょう。
しかし、医療法人は違ってきます。

・医療法人の場合は働く人にも注意
医療法人の場合は、一般の企業や会社と違って、働く人もそれぞれ決めなくてはなりません。
医療の現場というのは、医者だけでは成り立ちませんし、看護師だけでも成り立ちません。
他にも、医療事務はもちろん、設備管理のエンジニアや医療機器のエンジニアが必要です。
さらには薬剤師なども必要となってくる場合がありますし、その他の従業員やスタッフも相当な数が必要となってきます。
実際に収容できる患者数に応じて、対応できる医師や看護師の数が必要です。
それらも計算して定めていくことが必要となってきます。
開業医のように自分で病院やクリニックを始める場合は良いのですが、医療法人として経営していくためには、決めていくことも多いのが特徴となっています。
そこは気をつけておくことが必要となってくるでしょう。
働く人の確保なども一緒に進めていくことが必要となるので、普通の会社設立よりもハードル自体は高いと言えるでしょう。

・今後増えていくと予測できる医療法人
高齢者が溢れている日本では、今後も少子化がさらに加速し、その代わりに高齢化も進んでいきます。
そのため、医療法人などはより多くなっていくと予測できるでしょう。
今後の高齢社会に向けて、どのように市場が変わってくるのかを予測し、その上で会社設立を行っていくことが必要となってきます。

投稿日:

合同会社の会社設立手続きは?

会社設立

合同会社として会社設立する際の流れは非常にシンプルで、株式会社の手続きと比較しても遥かに簡単と言えます。
また会社設立手続きで用意する書類についても、株式会社の場合に必要となる書類と比べて遥かに手間がかからないです。
ですから、合同会社の設立に必要な実質的な日数は、集中してスムーズに実施すれば1~3日程度で作業が完了します。
その後、会社設立の申請が法務局で処理される時間としてプラス1週間程度考えておくと、合同会社の会社設立手続きはすべて完了することになるのです。

具体的な合同会社の設立手続きの流れとしては、まず始める前に基本的な設立項目を決めておく必要があります。
その設立項目というのは、商号(会社名)・事業目的・本店所在地・資本金の額・社員構成の決定・事業年度・会社印鑑の作成・印鑑証明書の取得・設立費用などです。
基本的なことばかりで、株式会社と比較して決めておく項目が少なくシンプルなのでほとんど時間はかかりません。
次に会社設立手続きに必要となる定款の作成を行いますが、株式会社のように定款の認証というステップがないので手順は遥かに簡素です。
また合同会社の定款は株式会社と比べて株や株主総会がないので機関設計もシンプルで、簡単に作成することができます。
その為、穴埋めするだけで作れる定款の雛形をダウンロードして利用することも可能で、安全な定款を作ることができるのです。
株式会社と同様にPDFの電子定款にすると、登記申請手続きの際に収入印紙代が不要になります。
ただし、電子定款を作成するには専用の電子機器やソフトウェアを揃える必要があるので、必要な機器がない場合は金銭的なメリットはないです。

定款作成が完了したら会社設立登記の書類を作成することになりますが、合同会社では全てシンプルな書類なので、登記書類の作成も非常に簡単です。
具体的には、申請書・登記すべき事項を記した用紙・登録免許税貼付台紙の設立登記申請書、払込証明書、印鑑届出書、代表社員就任承諾書、本店所在地及び資本金決定書が必要になります。
会社設立登記に必要な書類が用意できたら法務局で登記手続きを行うだけです。
ただ株式会社と同じく合同会社の場合も法務局で書類の申請をした日が会社の設立日になるので、その点を考慮して登記する日を考える必要があります。
このように法務局で登記申請書を提出するだけで合同会社自体の会社設立になるのです。
しかし実際に会社の運営を始めるにあたっては、株式会社と同様に税務署や都道府県に対して様々な届出を行う必要があります。

投稿日:

会社設立の必要書類で住民票は必要?

会社設立01

会社設立のための必要書類の中に、住民票はあるのでしょう?
今回は、登記の必要書類に関するお話がテーマです。
色々と複雑な手続きになりますが、どのような必要書類を用意すればいいのでしょうか?
法務局や公証人役場に提出する必要書類について、まずは説明していきたいと思います。

まず住民票についてですが、会社設立の時には、住民票の提出は必要ありません。
しかし、その代わりに印鑑登録証明書が必要となっています。
印鑑登録証明書は、発起人と取締役の人数分をそれぞれ用意する必要があります。

取締役については、取締役会を設置して代表取締役を選任している場合は、代表取締役の印鑑登録証明書を一通で大丈夫です。
発起人と代表取締役が選任されている場合は、それぞれ一通ずつ印鑑登録証明書が必要になりますので、忘れずに用意をしておくようにしましょう。

印鑑登録証明書は、管轄の市町村役場で発行してもらうことができます。
ちなみにこの印鑑登録証明書は、法人の印鑑とは違いますので注意が必要です。
法人の印鑑は、印鑑届出書を法務局に提出して登録することになります。
法人用の印鑑を事前に作っておく必要がありますので、こちらも合わせて用意をしておきましょう。

さて印鑑登録証明書以外に用意すべき書類は、会社のルールを記載した定款と登記申請書、発起人決定書、資本金払込証明書などの書類です。
これらの書類で、一つでも抜けが合った場合、登記申請が通りませんので十分に気をつけるようにしましょう。

ちなみに手続きの順番は、まず定款の認証から始めるようになります。
定款の認証が終わったら、資本金の振込を行い、資本金払込証明書を作成します。
この時に、通帳のコピーを表紙と見開き1ページ目と資本金の入金が確認できるページの3部を印刷して、ホチキスでとめて割り印します。
この資本金払込証明書は、自分で作成しなければならないので注意が必要です。

ちなみに登記申請は数日かかるのが一般的ですが、合同会社になると会社の規模や申請をする月日によっては、即日登記が完了する場合もあるようです。
この辺りは法務局によって違いますし、即日登記が完了するという保証があるわけではないので注意が必要ですが、それほど待たされるようなことはありません。
基本的には、数日手続き完了まで時間がかかる程度と考えておいてください。

法務局の受付に、当日から手続き完了予定日の日付が提示されていますので、そちらを確認してから申請を始めるといいでしょう。
書類が揃っていれば、大体の場合は問題なく登記が完了します。
慣れていないと書類に不備が出る場合もありますが、そうしたことを一つずつ解決していくことで、次もう一つ法人を作るとき、簡単に設立できるようになるはずです。

投稿日:

見せ金による資本金での会社設立

会社設立

会社設立したいときの注意点として見せ金による資本金があります。
これは特に悪気なくいいアイデアだと思ってやってしまうことがありますから注意してください。
これは何かというと本当は自分のお金ではなく、設立後にはすぐなくなる予定のお金を会社の資本金として計上すること。
これはあまりおすすめできないNG行為となります。

まず最初に確認したいのは資本金のことです。
会社設立するときには必ずこのお金を用意する必要があります。
資本金とはその会社が持っている自己資金のことです。
主に事業運営のための資金になるのです。

これがないと通常は事業や経営など難しくなりますから、会社設立のときには資本金の用意が必要とされます。
そしてこれは個人的に用意しておけばいいだけでなく、会社設立時に作る定款などに金額を記載する必要があります。
登記のときには資本金があることを証明する書類も用意しないといけません。

会社設立の手続き上、必ずこの資本金を用意して金額についても開示する形になります。
この金額がいくらかによって創業直後のその会社の信用度も変わります。
たくさんの資本金がある会社ほど創業直後から信用されやすくなり、新規取引先や顧客の開拓もしやすくなりますし、銀行などでお金も借りやすくなるのです。

ですからなるべく高額な資本金を用意する方もおられますが、このときのお金は発起人が自己資金で用意するのが基本です。
つまり自分の貯金や収入などからこれらお金を用意するのですが、その方法で高額なお金を用意するのは少し大変ですよね。

このときに会社設立のときだけ知り合いや友人、家族などからお金を借り、会社設立の手続きが終わったらすぐに返せば、自分でお金を用意する手間をかけずにまるで高額な資本金があるような会社を作れると思いませんか?
これが資本金の見せ金になります。
本当はないお金をあるように見せかけているのですね。

これは先にもご紹介した通り、あまりおすすめできないNG行為です。
創業直後の会社との取引や貸付は資本金の金額を参考にして判断されるのが通例ですが、そこに本当はないお金を含めていると誤解を招きやすくなります。
場合によっては騙されたと感じる方もおられるでしょう。

また、会社設立の手続きでの虚偽の申告はもちろんNGです。
資本金の見せ金は偽造工作だと判断される恐れもあり、最終的に虚偽の申告をしたと判断される恐れがあります。
このように資本金の見せ金による会社設立はトラブルになりやすいですから、基本的に利用しないように注意してください。

投稿日:

会社設立をするのなら設立日は縁起の良い日を

会社設立登記に必要となる書類を作成して、法務局の窓口にその書類を受け取ってもらえた日が会社設立日となります。
その為、法務局が開局していない時間帯や土・日・祝日・年末年始は、会社設立日にすることができない日になるので注意が必要です。
その点を踏まえた上でせっかく会社設立をするのなら縁起の良い日に設定したいと考える方も少なくありません。
続きを読む 会社設立をするのなら設立日は縁起の良い日を

投稿日:

スムーズに設立するために会社設立相談をするのなら

会社設立を考えているのなら設立前から専門家に相談するのもひとつの方法で、相談することによって無駄が無くスムーズに会社設立が可能になります。
また、相談すると共に会社設立の代行サービスを利用すれば、希望する設立日に会社設立をすることもできます。
それから法人税・所得税・消費税、そして印紙税など様々な税金対策についても相談することができて、節税することで費用を抑えることもできます。
続きを読む スムーズに設立するために会社設立相談をするのなら

投稿日:

希望の設立日にするのなら会社設立を司法書士に依頼を

会社設立に必要となる書類の作成や面倒な手続きを、行政書士・司法書士・税理士などの専門家に代行してもらえるサービスがあります。
自分だけで会社設立をしようとすると大変なので、こうしたサービスを利用して会社設立するのも便利な方法と言えます。
代行サービスを提供している専門家のうちで、会社設立手続きで必須となる設立登記申請を代理することができるのは司法書士のみです。
その為、他の専門家に依頼した場合には登記申請だけ司法書士に依頼するか、自分で登記申請手続きを行う必要があるのです。
会社設立時の手続きをトータルで専門家に任せたいと考えるのであれば、司法書士に代行してもらうのが一番おすすめと言えます。
続きを読む 希望の設立日にするのなら会社設立を司法書士に依頼を

投稿日:

会社設立の際の設立日を決める注意点は?

会社設立を設立する際には、設立日と決算日の関係を理解しておく必要があって、それを理解していないと損をすることもあるのです。
会社設立日を決めることで決算日が自動で決まってしまうと考えている方もいますが、決してそういうわけではありません。
会社設立日から一年以内であれば決算日は基本的自由に決めて大丈夫で、ほとんどの方は丸々一年間が事業年度になるように設定します。
続きを読む 会社設立の際の設立日を決める注意点は?

投稿日:

会社設立した時の設立日は法務局に登記申請をした日

会社設立日がいつになるのかというと、それは法務局に会社設立書類を受け取ってもらった日で、法務局に会社設立書類を提出することを登記申請と言います。
つまり、会社設立登記申請日が会社設立日と考えられるのです。
ただ登記申請の方法には大きく分けて、法務局の窓口に直接申請する、郵送で申請する、オンラインで申請するといった3つの方法があります。
そして、その3つの方法により法務局に会社設立書類を受け取ってもらう日に違いが生じることもあるのです。
続きを読む 会社設立した時の設立日は法務局に登記申請をした日