投稿日:

会社設立をするのなら設立日は縁起の良い日を

会社設立登記に必要となる書類を作成して、法務局の窓口にその書類を受け取ってもらえた日が会社設立日となります。
その為、法務局が開局していない時間帯や土・日・祝日・年末年始は、会社設立日にすることができない日になるので注意が必要です。
その点を踏まえた上でせっかく会社設立をするのなら縁起の良い日に設定したいと考える方も少なくありません。
続きを読む 会社設立をするのなら設立日は縁起の良い日を

投稿日:

スムーズに設立するために会社設立相談をするのなら

会社設立を考えているのなら設立前から専門家に相談するのもひとつの方法で、相談することによって無駄が無くスムーズに会社設立が可能になります。
また、相談すると共に会社設立の代行サービスを利用すれば、希望する設立日に会社設立をすることもできます。
それから法人税・所得税・消費税、そして印紙税など様々な税金対策についても相談することができて、節税することで費用を抑えることもできます。
続きを読む スムーズに設立するために会社設立相談をするのなら

投稿日:

希望の設立日にするのなら会社設立を司法書士に依頼を

会社設立に必要となる書類の作成や面倒な手続きを、行政書士・司法書士・税理士などの専門家に代行してもらえるサービスがあります。
自分だけで会社設立をしようとすると大変なので、こうしたサービスを利用して会社設立するのも便利な方法と言えます。
代行サービスを提供している専門家のうちで、会社設立手続きで必須となる設立登記申請を代理することができるのは司法書士のみです。
その為、他の専門家に依頼した場合には登記申請だけ司法書士に依頼するか、自分で登記申請手続きを行う必要があるのです。
会社設立時の手続きをトータルで専門家に任せたいと考えるのであれば、司法書士に代行してもらうのが一番おすすめと言えます。
続きを読む 希望の設立日にするのなら会社設立を司法書士に依頼を

投稿日:

会社設立の際の設立日を決める注意点は?

会社設立を設立する際には、設立日と決算日の関係を理解しておく必要があって、それを理解していないと損をすることもあるのです。
会社設立日を決めることで決算日が自動で決まってしまうと考えている方もいますが、決してそういうわけではありません。
会社設立日から一年以内であれば決算日は基本的自由に決めて大丈夫で、ほとんどの方は丸々一年間が事業年度になるように設定します。
続きを読む 会社設立の際の設立日を決める注意点は?

投稿日:

会社設立した時の設立日は法務局に登記申請をした日

会社設立日がいつになるのかというと、それは法務局に会社設立書類を受け取ってもらった日で、法務局に会社設立書類を提出することを登記申請と言います。
つまり、会社設立登記申請日が会社設立日と考えられるのです。
ただ登記申請の方法には大きく分けて、法務局の窓口に直接申請する、郵送で申請する、オンラインで申請するといった3つの方法があります。
そして、その3つの方法により法務局に会社設立書類を受け取ってもらう日に違いが生じることもあるのです。
続きを読む 会社設立した時の設立日は法務局に登記申請をした日

投稿日:

会社設立に伴う設立と創業の記念日の違いを知っておく

法律で定められていることではありませんが、会社によっては設立記念日や創立記念日を休業日にしている会社もあります。
また会社によっては1日休日にするのではなくて、午前中出勤して午後はお休みという形を取るケースもあります。
それから普段の業務は休みにして記念日のイベントを実施して、社員全員で参加という形を取るなど様々な形があって、これは経営者の考えや会社のカルチャーによって決まります。
続きを読む 会社設立に伴う設立と創業の記念日の違いを知っておく

投稿日:

会社設立する際に設立日に設定できないNGの日がある

この世に生を受けたら出生届を役所に提出して戸籍に登録することで、自分という存在を戸籍謄本というもので証明することができます。
会社も同じで会社設立する際に法務局に設立登記申請することで誕生して、法務局で会社の存在を証明してもらうことができるのです。
人間は生まれた日のことを誕生日と言いますが、会社が生まれた日のことを設立日と言って、その会社の誕生日に当たる設立日は会社設立の手続きをした日になります。
続きを読む 会社設立する際に設立日に設定できないNGの日がある

投稿日:

会社設立をする時の設立日はメリットになる日がおすすめ

資本金が1000万円未満の会社を設立した場合には、会社設立1期目と2期目の消費税が免除されるといった特別ルールが適用されます。
この特別ルールによって消費税をお客様から貰ったとしても、国に納税する必要がなくてそのまま売上に入れることが可能になるのです。
ただ、ここで抑えておきたいことは、会社設立の1期目と2期目の最高24ヶ月間が消費税を納めなくても良いという点で、設立日と決算日をできる限り離すことで免税のメリットを長く活かすことができるのです。
続きを読む 会社設立をする時の設立日はメリットになる日がおすすめ

投稿日:

会社設立時に悩む設立日の決め方は?

会社設立時には様々悩むことがありますが、その中のひとつに設立日をいつにすれば良いのかということもあります。
そんなのいつでも良いと思う人もいるでしょうが、適当に会社設立するよりも設立日をきちんと考えた上で実施した方が会社への思い入れも強くなると言えます。
その為にも会社設立の日を後悔しない日にする決め方として、どのような考え方があるのかを知っておくと参考として役立ちます。
続きを読む 会社設立時に悩む設立日の決め方は?