投稿日:

スムーズに設立するために会社設立相談をするのなら

会社設立を考えているのなら設立前から専門家に相談するのもひとつの方法で、相談することによって無駄が無くスムーズに会社設立が可能になります。
また、相談すると共に会社設立の代行サービスを利用すれば、希望する設立日に会社設立をすることもできます。
それから法人税・所得税・消費税、そして印紙税など様々な税金対策についても相談することができて、節税することで費用を抑えることもできます。

ただ、相談したり代行サービスを依頼したりすることができる専門家には、司法書士・行政書士・税理士など様々な士業があります。
どの士業に相談や依頼をしたら良いのか悩むでしょうから、それぞれでどのような対応ができるのかを知っておくことも必要です。

司法書士は、会社設立の登記手続きをトータルで代行できますし、ほとんどが電子定款認証に対応しています。
司法書士に相談や依頼をすると、会社設立に必要となる費用を抑えられますし、スムーズに手続きが進むので希望する設立日に合わせることもできます。
状況に合うのならば司法書士に依頼をするのがベストと言えます。

行政書士は許認可申請をすることができる士業で、許認可申請と会社設立を一緒にするのならお願いすると良いです。
そうすればトラブルを未然に防げるので、希望する設立日に合わせられると共にスムーズに開業することができます。

税理士は、他の士業と比較して会社設立報酬が安いという特徴がありますし、税務関係の届出書の作成や提出を代行することができます。
また、税務を扱う士業ですから税金を抑えたいなど節税の相談も可能になります。

会社設立に関連する各士業は、このように役割も得意領域も異なりますが、ほとんどは他の士業と協力しあっているケースが多いです。
ですから士業を選択するポイントは、自分の状況に合わせた形で選択することで、会社設立手続きだけなら司法書士に、認可手続きが必要となるなら行政書士に依頼することが無難と言えます。
また、将来的な税務申告まで相談するのなら税理士に依頼することがベストと言えます。